合格者の声

  1. HOME
  2. 合格者の声

医療環境管理士に認定された方(一部)をご紹介です

医療機関
福祉施設
製薬会社
医療関連サービス
教育機関
その他

日本空調サービス株式会社(新潟県)
病院設備管理 熊倉 浩 さん

仕事を通じて感染しないように、また、家族に拡げない

− 受験のきっかけ

今後、仕事上必要になってくる資格だと思ったためです。

− 仕事・活動内容

病院の設備管理を行っています。

− 資格・知識をどのように役立てますか

営業所内の人が仕事を通じて感染しないように、また、家族に拡げないようにします。朝礼時等で注意喚起を行い、各々の作業場面において必要なマスク・手袋・エプロン等を整備していきたいです。

− 受験する方へアドバイス

選択問題を十分理解した上で、文章問題はテキストの空気・接触感染・処置手順等を短い文章でまとめておきました。

株式会社ダスキンヘルスケア(東京都)
医療関連サービス業 皆口 健一 さん

清掃の立場から、
感染を拡げないようにするにはどうすれば良いか

− 受験のきっかけ

ここ何年かで感染症が非常に身近に感じられるようになり、自分の知識のなさに歯がゆい思いをしていたので受験しました。

− 仕事・活動内容

病棟で患者様が気分良く入院生活を送れるような環境をつくるべく、清掃をしています。

− 資格・知識をどのように役立てますか

清掃の立場から、感染を拡げないようにするにはどうすれば良いかを考えながら仕事をするようになりました。感染症について意見を求められることも増えたので、これからも勉強を続けたいと思いました。

− 受験する方へアドバイス

医療福祉環境アドバイザー→シニアアドバイザー→医療環境管理士とステップアップしながらそれぞれ一度の受験で合格しました。段階を踏めば知識ゼロからでも確実に合格するので頑張ってください。 テキストの読み込み、毎日の継続が一番大事だと思います。

鴻池メディカル株式会社(大阪府)
医療関連サービス 南 真人 さん

感染防止や業務効率化に活かしたい

− 受験のきっかけ

病院内での業務に携わっているので、感染管理の知識を深く身に付けたいと思い関連内容を調べたところ、この資格を見つけました。

− 仕事・活動内容

病院で手術に使用される器械の洗浄・組立て・滅菌、手術用衛生材料の準備、手術室の清掃などです。

− 資格・知識をどのように役立てますか

医療に携わる様々な職種の方々と関わる上で、同じ目線に立って話すことで感染防止や業務効率化に活かしたいです。

− 受験する方へアドバイス

平均して1日2時間の勉強を1ヵ月行いました。教材の本文を読み、問題をチェックすることで要点を押さえました。

株式会社岡山医学検査センター(岡山県)
臨床検査技師 中西 正憲 さん

勉強会に役立てています

− 受験のきっかけ

感染制御や感染対策について学びたいと考えていた時に、ホームページで見かけて受験しました。その前に医療福祉環境アドバイザーを受験していましたが、感染対策の分野において、医療環境管理士の方が特化していると思い受験しました。

− 仕事・活動内容

細菌検査室に所属し、細菌検査や寄生虫検査をしています。また、院内感染対策の勉強会の講師もしています。

− 資格・知識をどのように役立てますか

主に院内感染対策の勉強会で感染対策の方法などについて説明する際に役立てています。また、グループワークで話し合った内容も勉強会に役立てています。

− 受験する方へアドバイス

まずは問題をよく解くこと、そして興味のある分野、間違った箇所はどこが違うのかを公式テキストと照らし合わせて確認する。これを繰り返し行いました。

株式会社公益社エンバーミングセンター(大阪府)
エンバーマー 金子 さくら子 さん

資格取得で得た知識を感染対策の社内研修、
パンデミックや災害にも対応できる
感染対策マニュアルの更新に生かしたい

− 受験のきっかけ

葬祭業は通常業務における感染対策のみならず、災害時やパンデミック時にも安全に業務を継続できるようなリスク対策が求められます。感染対策マニュアルを更新していくために知識をブラッシュアップしたいと思っていたところ、産休前に資格の存在を知り、育休明けに向けたスキルアップを目標に受験しました。

− 仕事・活動内容

葬祭サービスのひとつであるエンバーミング(遺体衛生保全=ドライアイスを使わない防腐・お体を衛生的に保つための殺菌・傷の修復)という技術で、安心で穏やかなお別れをご提供しています。「ドライアイスで凍らせるのは忍びない」「故人様が罹患した感染症や臭い等の衛生面が気になる」「式の日程を伸ばしたい」「お顔を見てお別れがしたい」等、ご喪家の様々な要望を衛生的に叶える事でグリーフ(悲嘆)ケアの一助を担っています。また、臨床検査技師の知識と経験を生かし、感染対策の社内研修講師も務めています。

− 資格・知識をどのように役立てますか

職場を衛生的に保ち、お客様と社員が安心して過ごせる環境づくりに役立てます。 また、葬祭業従事者は医療従事者と同様に血液や体液に接する恐れがあり、日頃から感染対策を意識する必要があります。資格取得で得た知識を感染対策の社内研修、パンデミックや災害にも対応できる感染対策マニュアルの更新に生かします。

− 受験する方へアドバイス

一度テキストを通し読みしてから過去問を全て解き、出題傾向を確認した上で集中してテキストを読みこみました。試験2週間前からの短期学習でしたが、臨床検査技師として学んだ微生物学の復習、最新の関連法規や環境管理について学習する充実した時間でした。

三井物産ファシリティーズ株式会社(東京都)
設備管理 乙山 清湖 さん

感染症対策についての社内教育を定期的に実施し、
感染予防に役立てていきたい

− 受験のきっかけ

院内の設備管理に携わっていますが院内感染に関する知識がなかったため、感染症についてのスキルアップを図りたいと思い受験しました。

− 仕事・活動内容

院内の設備管理を行っています。

− 資格・知識をどのように役立てますか

院内で起こりうる感染症対策についての社内教育を定期的に実施し、感染予防に役立てたいです。

− 受験する方へアドバイス

1日約2時間の勉強を約3ヶ月間行い、覚えにくい用語は何度も反復して覚えました。また、記述式については練習問題だけでは不十分なため、想定した問題を数多く作成し、覚えました。

株式会社エスアールエル・ラボクリエイト(東京都)
臨床検査技師 村山 隆之 さん

全体で取り組みをする事の活動として、
まず自部署での知識の共有化と教育

− 受験のきっかけ

院内感染対策については、医療従事者としてあたりまえの様に馴染んだ事ですが、ICTに直接関与していない職員や業者には勉強する機会があまりなく、知識もとぼしいと思い、必要性を感じて本格的に勉強をしようと思い受験しました。

− 仕事・活動内容

病院や医療機関からの委託を受けて、医療現場の中で、臨床検査業務を実施しています。特に細菌検体の受託や感染症関連検査については、日常業務の一環として行っています。

− 資格・知識をどのように役立てますか

知り得た知識により、以前より病院全体の活動の重要性を認識しました。全体で取り組みをする事の活動として、まず自部署での知識の共有化と教育に取り組んでいます。理解が深まれば効果もでます。

− 受験する方へアドバイス

通勤時間や昼休みの時間を利用して、1日1時間以上はテキストを読み覚えました。自分の専門分野はすぐ理解できますが、広い範囲での出題ですので、専門外の分野ではテキストを理解するために独自で調べ、整理する必要があります。テキストを何度も読みかえす事だと思います。

株式会社シー・アイ・シー(東京都)
衛生営業所 齋藤 毅一郎 さん

殺菌清掃や清浄度測定の評価をするうえで、
感染症等に関する知識は必須である

− 受験のきっかけ

病院関連の委託業務仕様の中に医療環境管理士の資格を有していることが条件となっているものがあり、この資格について知りました。殺菌清掃や清浄度測定の評価をするうえで、感染症等に関する知識は必須であると考え、受験しました。

− 仕事・活動内容

主に病院関連の清潔区域(手術室、ICU等)を対象として、清浄度測定や殺菌清掃、フィルター交換等を行っています。また、施設や住宅の細菌・真菌検査や環境測定等も行っています。

− 資格・知識をどのように役立てますか

今後は、医療従事者だけでなく、施設管理の面からも感染症対策を行っていかなければならず、委託事業者として、それらの知識や技術を身に付け、適切な対応や評価を行うよう心掛けています。

− 受験する方へアドバイス

テキストの内容は盛り沢山で、勉強は大変だと思いますが、全て知っておかなければならない基本事項であるとも言えます。時間をかけて、自分なりの方法で習得していくことが一番だと思います。

神戸ビル管理株式会社(兵庫県)
常務取締役 大石 康人 さん

管理業務の提案の中に、感染防止への対応や
方針などを積極的に取り入れていきたい

− 受験のきっかけ

同業他社の方より、医療環境管理士という資格がある事を教わり、今後も業務推進に活かすことができるのではないかと考えて受験を決意しました。

− 仕事・活動内容

総合建物管理業として、新規の管理物件開拓、既在管理物件のメンテナンス、建築・設備更新案件の推進等を行っています。

− 資格・知識をどのように役立てますか

業務として管理する建物は多岐にわたりますが、最近は特別養護老人ホーム等、お年寄りの方関係の施設建物管理案件が急増しており、感染管理の基礎知識を持った対応が不可欠となっています。管理業務の提案の中に、感染防止への対応や方針などを積極的に取り入れていきたいと思います。

− 受験する方へアドバイス

テキスト入手から試験まで、ちょうど3ヶ月しかなく、まず2ヶ月でテキストを通読しながら、不慣れな学術用語や細菌名やウイルス名をノートに書き出しておき、少しでも言葉に慣れるようにしました。残りの1ヶ月で公式問題集に目を通しながら、テキストの該当箇所周辺を復習する方法を取りました。とにかくテキストに目を通し、反復して学習されることが大事だと思います。

株式会社アヅマ(東京都)環境管理部
ビルメンテナンス 塚田 厚 さん

医療関連機関で働く方にとっては有意義な資格

− 受験のきっかけ

病院内清掃の仕事をしており、業務に必要な感染管理に関する知識の補填と、業務を行う上で実務作業の裏づけとなる資格の取得が不可欠だと感じ、受験しました。

− 仕事・活動内容

病床数483床の急成期病院で、外来、病棟、共用部含め、院内全域の清掃業務、環境維持の業務に携わっています。現在は、副責任者として主に、清掃実務、従業員の指導やシフト管理、清掃資機材の選定及び管理を行っています。

− 資格・知識をどのように役立てますか

実務として清掃を行う上で、管理区域や対象ごとに使用する薬剤の選定には感染管理の知識は不可欠です。この資格を取得して得た知識を役立てたいです。業務の特性上、感染性の廃棄物も取り扱いますので、「安全で正しい」取り扱い方法を実践していきたいです。今後も清潔できれいな環境作りに励みたいと思います。

− 受験する方へアドバイス

細菌、ウイルスの学術的な分野は覚えるまで時間がかかるかも知れませんが、テキストを中心に反復し、問題を解く事を繰り返す事で自然と身に付くと思います。私は、感染管理に関する資料や書籍も併用しました。
医療関連機関で働く方にとっては有意義な資格といえると思います。

環境をサポートする株式会社きらめき(新潟県)
西方 紳也 さん

この資格を学んだことでスタート地点に立てた

− 受験のきっかけ

日常的に感染性のあるものに触れている為、知識を深める必要があると思ったからです。また資格を取得することで周囲の方々からの信頼が深まるかと思い、受験する事を決めました。

− 仕事・活動内容

病院内において、回収された使用済みの器材を洗浄・滅菌する業務を担当しています。

− 資格・知識をどのように役立てますか

この資格を学んだ事でスタート地点に立てたと思うので、他にも様々な本等を読み、知識を深めたいと思っています。

− 受験する方へアドバイス

短い時間でも毎日テキストを開いて見る。問題集を繰り返し解く。

協栄テックス株式会社 環境研究室所属(岩手県)
臨床検査技師 村田 早苗 さん

質の高い環境整備ができるように

− 受験のきっかけ

大学病院勤務担当となり、病院での清掃業務・メンテナンスを行うにあたり、基本的な医療の知識が必要と痛感した為、受験しました。

− 仕事・活動内容

清掃管理業務を行うにあたり、従事者に指導するとともに、より良い医療環境を整備する為、資機材の選定や作業マニュアルを作成しています。

− 資格・知識をどのように役立てますか

米国の病院では環境づくりの為、感染対策や清掃業務費に潤沢な予算が使われています。今後、日本の病院でも質の高い環境設備ができるように業務に励みたいと思い ます。

− 受験する方へアドバイス

仕事の合間に毎日30分でも勉強する時間を作りました。サブノートを作成して現場の業務と照らし合わせながら、実践での確認を行いました。記述式の問題では現場での体験が役立ったと思います。

株式会社新潟ビルサービス 業務部(新潟県)
原 千博 さん

医療環境感智士を取得したことにより知識が向上

− 受験のきっかけ

業務部で医療環境管理士という資格があるけれど受験してみないかと誘われ、自信はありませんでしたが受験することに決めました。

− 仕事・活動内容

病院清掃業務での責任者をしており、主に現場管理業務を行っています。

− 資格・知識をどのように役立てますか

医療環境管理士を取得したことにより知識が向上し、感染対策や予防など取組むようになりました。自分自身にとって大変プラスになりました。

− 受験する方へアドバイス

私は、病院清掃業務なので少しばかりの知識はありましたが、テキストを見てびっくりしました。専門用語やウイルス等、分からないことや覚えなければならないことが山積みでした。これから受験される皆さん、とにかくテキストをしっかり勉強し、よく理解した方が良いかと思います。合格できるよう頑張ってください。

興研株式会社(東京都)
久保 公平 さん

ドクターやナースの方々に
知識を活かして役立つ提案をしたい

− 受験のきっかけ

感染やその対策等の知識を深めたいと思い受験しました。

− 仕事・活動内容

マーケティングや営業企画の業務をしております。

− 資格・知識をどのように役立てますか

ドクターやナースの方々に知識を活かして役立つ提案ができればと思います。

− 受験する方へアドバイス

テキストをくまなく勉強することです。

株式会社パルシステム(埼玉県)
山本 展之 さん

社会問題化する院内感染対策を
施設環境整備面から支える

− 受験のきっかけ

医療環境と衛生についての情報を得るため、インターネットを通じてこれらを検索していたところ、日本医療環境福祉検定協会のホームページにたどり着き、ここで初めて「医療環境管理士」の存在を知るに至りました。ホームページを読み進めていくうち、これまでの断片的な知識を整理しながら最新の情報にアップデートすること、また院内で行われている感染対策の取り組みや体系を正しく理解し実践につなげていくことが、より積極的な院内感染対策の貢献につながるのではないかと思うに至り、この度、医療環境管理士資格試験を受験させていただきました。

− 仕事・活動内容

私は現在、病院清掃や設備メンテナンスを中心とする施設環境衛生の管理会社に勤務しております。私は建築物環境衛生管理技術者として、お客様に対し様々な視点から施設環境衛生改善提案をさせていただくとともに、監督者としてその改善業務に直接携わっております。

− 資格・知識をどのように役立てますか

社会問題化する院内感染対策を施設環境整備面から支えるため、資格取得に際して得た知識とこれまでの専門知識や技能を活かし、より積極的に院内感染予防に貢献していきたいと思っています。また、社内から一人でも多くの「医療環境管理士」が輩出できるよう当資格取得を奨励するとともに、院内感染対策を現場で実践できる人材の育成にも努めていきたいと思っています。

− 受験する方へアドバイス

テキストには、細菌学などの学術的内容から、サーベイランス、施設環境管理、関連諸法令などに至るまで、医療環境管理に関する内容が幅広く記載されています。私はこの量に圧倒され、試験に際し山を掛けたくなりましたが、試験ではこれらについて実に幅広い範囲から出題されましたので、傾向と対策が取り辛いというのが受験後の第一印象でした。強いてあげるならば、「図解」と曖昧になりがちな「数字」の設問が多かったように記憶しております。記述試験対策としては、新聞やニュースで話題になっている感染症や医療関連情報に耳を傾け、内容を整理しておくことが有効かと思います。いずれにしても、満点を取らなくても合格はできると割り切って、果敢にチャレンジしてみて下さい。学習したり、最新の情報を入手したり…これら知識を獲得する一連の活動が自尊心を高め、仕事の質を変えていく原動力になるものと思っています。従いまして、資格を取得されても学習に終わりはありません。日進月歩の医療関連情報のアップデートも含め、定期的に開催される質の高い講習会に積極的に参加されると、より一層の活躍が期待できることと思います。

株式会社福山臨床検査センター(広島県)
臨床検査技師 石井 順子 さん

医療の高度化、高齢化が進み、院内のみならず
社会全体が環境に取り組む時代になってくる

− 受験のきっかけ

「院内感染」の勉強をはじめるために、インターネットを検索していてホームページを見つけました。基礎的な勉強をするため、将来役に立つ資格を取ろうと思い、受験しました。

− 仕事・活動内容

清掃など、臨床検査とは違った角度からの環境管理の知識を身に付けることで、院内の状況への理解を深め、検査に取り組んでいます。

− 資格・知識をどのように役立てますか

医療の高度化、高齢化が進み、院内のみならず、社会全体が環境に取り組む時代になってくると思います。そのような中で「専門家」としての知識を役立てることができれば...と考えています。

− 受験する方へアドバイス

環境管理には、幅広い知識が必要です。少しずつ勉強をしていくと、すべての知識が組み合わさって理解できてきます。
全部関係することだ!とわかった時には、とてもうれしい気分になります。

エア・ウォーター防災株式会社 医療統括部(東京都)
マネージャー 山口 幹弘 さん

医療現場と医療機器製造側が共通の知識を持ち、
明日の医療に貢献できれば

− 受験のきっかけ

長年、医療機器の販売・施工を行って参りましたが、近年病院内での各部署に有資格者が多く、自分の分野で活用できる資格はないものか探しておりました。そこで当資格認定を選択致しました。

− 仕事・活動内容

病院・研究所等医療機関での手術室等、医療区域にて使用致します手術用照明灯(無影灯)の製造・販売・設置を目的に営業しております。又、病院新築・改装時のレイアウト配置などの相談、設計打合せなどもあります。

− 資格・知識をどのように役立てますか

昨今の病院内感染は医師、看護師等が中心に対策を実施しているケースが多いと聞いております。しかし医療処置を実施している現場は施設建物内であり、医療機器の周辺や近接位置にて処置をしています。我々製造側も製作に当たり、今、医療現場ではどのような機器消毒剤を使用し、どのような保守清掃を望んでいるかが不明のままでは良い製品が出来ないばかりか、機器による医療サービスの向上を図ることは出来ないと思います。そこで、医療現場と医療機器製造側が共通の知識を持ち、且つ刺激しあって明日の医療に貢献出来ればと思っております。

− 受験する方へアドバイス

病院は医療従事者だけでなく、建築業・製造業・サービス業・清掃業等、各種業者の集合体であり、各社の役割が調和して成立しているものと信じます。当認定資格は我々が協力している医療環境の向上を目的としており、これから受験する方々も共に医療環境の向上に貢献致しましょう。

エア・ウォーター防災株式会社 営業開発部(東京都)
営業 高橋 新一 さん

日々変わる医療技術・知識を迅速に入手し、
安らぎのあるシステム作りに貢献

− 受験のきっかけ

今までの業務知識を何らかの形にしたい、医療環境管理の知識向上を目指したいと思い受験しました。

− 仕事・活動内容

病院の手術室・ICU等設備の設計施工のプロフェッショナル企業の一員(営業)として、担当地域の病院を飛び回っています。
病院内において手術部・集中治療部は感染管理上重要な部門であり、特にその新築・改築時の環境整備に関しての建築設計上の提案を行っています。
最終的に、手術部内装工事やICU設備工事等を請け負う事により、医療従事者の為の働きやすい環境作りのお手伝いをしています。

− 資格・知識をどのように役立てますか

現医療環境管理士資格認定によって得られた知識を基礎とし、日々変わる医療技術・知識を迅速に入手し、会社を通じて、患者の入院生活の安全、安らぎのあるシステム作りに貢献できれば良いと思っています。
将来は、シンプルで機能的な手術部・集中治療部・中央材料部を設計することで、結果として患者様に喜ばれる病院を一つでも多くお手伝いしていきたいです。

− 受験する方へアドバイス

氾濫する情報を正確に把握し、正しい感染管理を行う為に努力するという事はとても大切な事だと思います。
根拠に基づく感染管理がきちんと出来るように、また、それが実践できるように頑張りましょう!

  • 医療福祉環境アドバイザー(医療福祉検定)