合格者の声

  1. HOME
  2. 合格者の声

医療環境管理士に認定された方(一部)をご紹介です

医療機関
福祉施設
製薬会社
医療関連サービス
教育機関
その他

杏林製薬株式会社(石川県)
医療情報担当者(MR) 入江 智子 さん

感染症、 環境整備について幅広い知識を取得

− 受験のきっかけ

医療環境に携わる部署へ異動となり、会社より受験をすすめられた。

− 仕事・活動内容

消毒薬や環境クロスを使った環境整備について情報提供を行っております。

− 資格・知識をどのように役立てますか

公式テキストを学習し、感染症について、環境整備について幅広い知識を取得できました。受験をしなければ、公式テキストの知識を学ぶことはできなかったと思います。
今後も新しい知識の為の勉強は必要ですが、基本的なことを学べて良かったです。

− 受験する方へアドバイス

仕事と育児の合間でしたので、苦戦しました。1日1項目、土曜は3時間集中して勉強しました。何度も公式テキストを読み、練習問題を何度も解き(繰り返し)ラインを引く学習法。また、記述もあるとのことだったので、「○○(疾患)とは?」と予想問題をたてて記載訓練をしました。

杏林製薬株式会社(東京都)
営業 伊藤 男 さん

医療機関で感染対策について
話をする機会が多いので多くの知識を身につけたい

− 受験のきっかけ

医療機関で感染対策について話をする機会が多いので、多くの知識を身につけることで幅広い話ができるようになればと思い、受験しました。

− 仕事・活動内容

・医師、薬剤師と面談をして、自社医薬品を普及させる。
・医師、薬剤師などの医療関係者との関係を構築させるために感染対策や安全管理などの勉強会を開催する。

− 資格・知識をどのように役立てますか

営業のツールとして、得意先で話をする時の話題として活用していきます。
医療関係者との関係を構築させる手段にしたいです。

− 受験する方へアドバイス

テキストを単元ごとに熟読し、それに対応するテストの問題を解いていきました。(間違った問題と、それに該当するテキストの文章をラインマーカーでチェックして、随時見直しました)

ファイザー株式会社(東京都)
医療情報担当者(MR) 黒岩 秀文 さん

資格を得る事で自身と知識を身に付けたい

− 受験のきっかけ

医療機関に対して、院内感染対策の勉強会を実施する機会が増えてきた為、社内資格だけではなく、医療環境管理士の資格を得る事で自信とさらなる知識を身に付けたいと思った為です。

− 仕事・活動内容

医療機関に対して薬剤の情報提供を行っています。

− 資格・知識をどのように役立てますか

今回学んだ知識を活用して、医療機関の院内感染対策の勉強会に役立てたいと考えています。

− 受験する方へアドバイス

最低でも3回は音読すると良いと思います。
1回目は流して、2回目は分からない箇所を調べて、3回目には理解できているはずです。

富士フイルムファーマ株式会社(東京都)
医療情報担当者(MR)加藤 信哉 さん

当資格や知識を活かし、医療機関を対象に院内感染対策防止に関する最新の情報提供に努めたい

− 受験のきっかけ

抗菌薬を取り扱う企業のMRとして、より深い感染対策の知識を習得し、日常業務に少しでも役立てたいと考えたためです。

− 仕事・活動内容

医薬情報担当者(MR)として、医療機関を対象に医薬品適正使用や普及のために情報提供ならびに収集を行っています。

− 資格・知識をどのように役立てますか

当資格や知識を活かし、医療機関を対象に、院内感染対策防止に関する最新の情報提供に努めたいと思います。

− 受験する方へアドバイス

日常業務をしながらの勉強はかなり大変でしたが、1日1時間は必ず勉強するようにしました。
テキストを繰り返し読み込み、重点項目はノートに書きまとめて理解するようにしました。

大正富山医薬品株式会社(東京都)
医療情報担当者(MR)深田 和宏 さん

各種耐性菌、感染対策の啓蒙について役立てたい

− 受験のきっかけ

抗菌薬を主に販売しており、仕事をしていく上で感染対策の知識を習得したかった為です。

− 仕事・活動内容

・病院でのMR活動(医薬品の紹介など)
・病院での院内感染対策のお手伝いなど

− 資格・知識をどのように役立てますか

各施設において抗生剤の適切な使い方に追加する形で、各種耐性菌、感染対策の啓蒙について役立てたいと考えています。

− 受験する方へアドバイス

テキストの熟読と問題を多くこなすこと。
記述問題は、予想問題を想定して勉強しました。

大正富山医薬品株式会社(東京都)
医療情報担当者(MR)森山 恵介 さん

院内にて感染対策勉強会を共催する事があるため、
知識が役立つ

− 受験のきっかけ

会社からの支援があったため。(社内資格S-MR(感染症スペシャルMR)を取得すると支援がある)

− 仕事・活動内容

医療機関にて自主製品の紹介、関連講演会の開催、立案など。

− 資格・知識をどのように役立てますか

院内にて感染対策勉強会を共催する事があるため、知識が役立つ。またICTに貢献できれば更によいと考えています。

− 受験する方へアドバイス

テキストは同じ、又は似た内容の部分が異なった章に記載があるので、ノートにまとめて一貫性を持つ事が混乱しない対策でした。

キョーリンメディカルサプライ株式会社(東京都)
大塚 環 さん

医療関連感染に関する専門知識を習得したので、
医療従事者の方々との面談に活かしていきたい

− 受験のきっかけ

キョーリン製薬グループは、環境感染の制御を通じて、医療ニーズ・健康に貢献すべく環境衛生事業に積極的に取り組むことになりまして、医療従事者の方々への情報提供活動の基となる知識修得の為に受験しました。

− 仕事・活動内容

感染管理認定看護師の方々を初め、医療従事者の方々との面談を通じて、医療関連感染関連の情報収集や情報提供を行っています。

− 資格・知識をどのように役立てますか

医療関連感染に関する専門知識を習得したので、医療従事者の方々との面談の際に活かしていきたいと思います。

− 受験する方へアドバイス

テキストの内容は多岐に亘っていますので、細部に亘っての理解が必要となります。毎日計画的にテキストを読み、週末に問題集で理解度を確認しました。

大正富山医薬品株式会社(東京都)
医療情報担当者(MR)熊澤 武 さん

練習問題も大切な内容となっているので、
頭に入れておくべき

− 受験のきっかけ

仕事で訪問している病院において、役立つ資格と思った為受験しました。
仲良くさせて頂いている病院の事務の方々が色んな資格を取得されていると聞き、私も何か取得しようと思い、探している中でこの資格を選びました。

− 仕事・活動内容

病院でのMR活動(医薬品の紹介など)
病院での院内感染対策のお手伝いなど

− 資格・知識をどのように役立てますか

病院における院内感染対策に関わっている方々(医師、薬剤師、臨床検査技師など)と交流を深め、自分自身の勉強と共に、お役に立ちたいと思います。

− 受験する方へアドバイス

まずは休みを利用し、教材の細かい部分までじっくりと一通りテキストに目を通しました。平日は毎日30分〜(区切りが良い所迄)必ず勉強する時間を作り、努力しました。頭の中でストーリーがきちんと分かるように覚え、考えて勉強しました。練習問題の問題も大切な内容となっているので、頭に入れておくべきだと思います。

大正富山医薬品株式会社(東京都)
医療情報担当者(MR)田中 周 さん

抗菌薬を主に販売しており、
より深い感染対策の知識を習得したかった

− 受験のきっかけ

抗菌薬を主に販売しており、仕事をしていく上で、より深い感染対策の知識を習得したかった為です。

− 仕事・活動内容

医薬品メーカーであり、抗菌薬を主に扱っています。医薬情報担当者(MR)として、開業医、病院のドクター、薬剤師の方々に情報提供を行っています。

− 資格・知識をどのように役立てますか

開業医、病院にて感染対策研究会を行い、感染対策の意識を高めて頂けるような活動を行います。

− 受験する方へアドバイス

試験の2ヶ月前にテキストを購入しましたが、本格的に勉強を始めたのは1ヶ月前です。まず計画を立て、内容を覚える為にノートに重要な点を書き出して勉強を行いました。

杏林製薬株式会社(東京都)
営業 河井 道義 さん

現場が望むような資材・提案を行っていきたい

− 受験のきっかけ

消毒薬を扱っている関係で取引先への提供力アップの為に受験しました。

− 仕事・活動内容

医薬品(消毒薬中心)の情報提供・大型チェーンドラッグとの商談等。

− 資格・知識をどのように役立てますか

医療現場の感染対策の内容を理解する事により、社内へフィードバックし、より現場が望むような資材・提案を行っていきたいです。

− 受験する方へアドバイス

テキストをまず覚える事が第一だと思います。問題集を解き、間違えた箇所をカテゴリー別にまとめ、弱い所を集中的に学習しました。

大正富山医薬品株式会社(東京都)
医療情報担当者(MR)上野 貴広 さん

資格を活かして
病院で院内感染対策説明会の実施に役立てたい

− 受験のきっかけ

職場で当資格に合格し、活躍されている方に刺激され、受験しました。

− 仕事・活動内容

医師や薬剤師へ自社製品を中心とした適正使用の情報提供などを行っています。

− 資格・知識をどのように役立てますか

当資格を活かして病院で院内感染対策説明会の実施に役立てたいです。

− 受験する方へアドバイス

一度全体をざっと勉強し、その後に細かい所を勉強しました。

大正富山医薬品株式会社(東京都)
医療情報担当者(MR)瀧本 昇 さん

各種耐性菌、感染対策の啓蒙について役立てたい

− 受験のきっかけ

各医療機関にて、製薬会社としての抗菌剤の使い方や、感染対策の勉強会を行うにあたり、より幅広い知識を習得したいと思い、今回の受験に到りました。

− 仕事・活動内容

抗生剤メーカーとして、主に病院・開業医に各ガイドラインに基づいた適切な抗生物質の選択と治療について学術提供をさせて頂いております。

− 資格・知識をどのように役立てますか

各施設において抗生剤の適切な使い方に追加する形で、各種耐性菌、感染対策の啓蒙について役立てたいと考えています。

− 受験する方へアドバイス

ウィルスや細菌の動き、院内のシステム等イメージしながら学習するとより覚えやすく、認識出来ると思います。

東亜新薬株式会社(東京都)
医療情報担当者(MR)坂口 三陽 さん

病院にとって、なくてはならない
メーカー(MR)になりたい

− 受験のきっかけ

元々病院や有床診療所からの依頼で、主に看護師の方を対象に、研修会を行っていました。ある日、インターネットでこの資格がある事を知り、資格を取得するという事よりも、感染対策を系統立てて頭の中で整理し、学ぶ為に受験しました。

− 仕事・活動内容

医薬情報担当者(MR)として担当病院を訪問し、自社医薬品の適正使用情報を医師や薬剤師の方にお伝えしています。

− 資格・知識をどのように役立てますか

今回の資格取得の際のグループワークで現場の看護師の方々のニーズとして
@教育者(研修会)がいない。
A感染対策への意識が全体で統一できていない。
という事がわかった為、それらの点を踏まえてアドバイスを行っていきたいと思います。
また、これらを通じてその病院にとってなくてはならないメーカー(MR)になりたいと思っています。

− 受験する方へアドバイス

私の場合、多少の感染対策の知識があり、また日常の業務が忙しい事や、受験まで2ヶ月もなかったので、まず問題集をとき、わからなかった所・間違えた所を中心にテキストを読み、また問題集を解くという繰り返しを空き時間に少しずつ実施しました。問題はテキストから満遍なく出題されますので、ただ問題集を暗記しただけでは無理かと思います。問題集から記述式の問題はどの辺りから出題されるかおよそ想像できるかと思います。

大正富山医薬品株式会社(東京都)
医療情報ん担当者(MR)中村 慶一 さん

医療環境管理士を取得する事で
付加価値を付け、活動を行っていきたい

− 受験のきっかけ

感染症領域の医療用薬品の販売をしているので、専門的な知識を充実させる為に受験しました。

− 仕事・活動内容

医師・薬剤師など、医療機関のスタッフに当社医薬品の紹介や、適正使用の為の情報伝達が主な業務です。また、その医薬品に関連する情報(感染症治療や耐性菌・対策など)も一緒にお届けできればと考えています。

− 資格・知識をどのように役立てますか

医療機関で働く方々はほとんど専門性のある国家資格を持っています。
一方MR(医療情報担当者)はそのような方々とお話しするにもかかわらず国家資格ではない為、民間資格ですが感染対策の知識に特化した医療環境管理士を取得する事で付加価値を付け、MR活動を行っていきたいと思います。

− 受験する方へアドバイス

正直、仕事と学習の両立は大変でした。
私は土日・および試験前の最後の一週間にまとめて学習しました。テキストのウィルス・細菌の特徴は同じ菌・ウィルスでも様々なところに掲載されている為、ノートにまとめて覚えました。

大正富山医薬品株式会社(東京都)
医療情報担当者(MR)岡庭 達也 さん

新興感染症や多剤耐性菌などの問題に対し、
より良い医療環境を提供

− 受験のきっかけ

病院・クリニックなどから感染対策の勉強会のニーズが多く、適切な情報を確実にお届けする為に受験しました。また新興感染症や多剤耐性菌などの問題に対し、より良い医療環境を提供する為の深い知識を学びたいと思っていました。

− 仕事・活動内容

医療情報担当者(MR)として、医療機関に対し抗菌薬の適正使用と情報伝達を行っています。また医療従事者に対して感染対策勉強会を実施し、職業感染予防策の普及に努めています。

− 資格・知識をどのように役立てますか

資格取得をゴールとせず、最新の情報を常に収集し、適切に医療機関に提供していきたいと考えています。

− 受験する方へアドバイス

数多くの細菌・ウィルスについて学習しますが、医療現場においては問題となる微生物ばかりです。ただ単に暗記するのではなく、医療現場ではどういった対策をすべき微生物なのかを理解しながら勉強すると、将来にも役立つと思います。そうすれば記述対策になると感じました。

大正富山医薬品株式会社(東京都)
医療情報担当者(MR)奥山 理沙 さん

院内感染対策勉強会等を実施

− 受験のきっかけ

薬学部卒の知識を活かした資格を取得し、得意先へ貢献できるものがないかと考えたときにこの資格の存在を知りました。

− 仕事・活動内容

医薬情報担当者で、開業医、中小病院を担当しています。

− 資格・知識をどのように役立てますか

院内感染対策勉強会等を実施できるようになりました。

− 受験する方へアドバイス

自身のスキルアップのため実際に日常で遭遇する場面を考えながら学んでほしいです。

大正富山医薬品株式会社(東京都)
医療情報担当者(MR)医薬営業部 蓑田 洋暁 さん

各担当施設の医療機関に対し講師として
講習を実施する事により、信頼感が増しました

− 受験のきっかけ

感染症・炎症免疫領域のMRとして、日々変動していく医療情勢の中で新しい情報を入手し、周りに伝える事が出来る一人でいたいと思いました。

− 仕事・活動内容

製薬会社社員(MR)として医療機関を訪問し薬剤の適正使用、情報提供に務めています。当社では特に感染症・炎症免疫領域に力を入れています。

− 資格・知識をどのように役立てますか

各担当施設の医療機関に対し講師として講習を実施する事により、信頼感が増したと思います。

− 受験する方へアドバイス

昨年は新型インフルエンザが大流行しましたが、その様な状況の際、的確なアドバイスを行う事で周りに感謝される資格だと思います。

塩野義製薬株式会社(大阪府)
医療情報担当者(MR)外川 真吾 さん

チーム医療の一翼として
得意先の方々に貢献できるようになりたい

− 受験のきっかけ

抗生剤を数多く扱っているメーカーのMRとして、感染症に関する説明会をよく行なっています。ある時、会社の先輩が医療環境管理士の資格の存在を教えてくれたのがきっかけです。

− 仕事・活動内容

MR(医薬情報担当者)として、担当先の病院で自社製品の適正使用や普及のための情報提供活動をしています。

− 資格・知識をどのように役立てますか

抗生剤に関する情報提供に加え、この資格を活かした感染制御に関するアドバイスなど付加価値の高い情報提供や提案を行ない、チーム医療の一翼として得意先の方々に貢献できるようになりたいです。

− 受験する方へアドバイス

テキストを勉強していると知らない分野があまりにも多いことに気付かされました。感染対策に必要なあらゆる視点を身に付けることができ、どんな職種の方でも仕事の幅が確実に広がると思います。

大日本住友製薬株式会社(大阪府)
医療情報担当者(MR)納冨 陽一郎 さん

病院のみならず老健施設、介護施設etc、
医療のあるところ感染対策は必須

− 受験のきっかけ

以前、感染症領域の学術担当だったので。

− 仕事・活動内容

MR:自社製品の宣伝と適正使用が主な業務

− 資格・知識をどのように役立てますか

自社製品(もしくは他社品も含め)が院内感染管理の一助になるように、今回の資格取得に際し、得られた知識を活用していきたい。

− 受験する方へアドバイス

病院のみならず老健施設、介護施設etc、医療のあるところ感染対策は必須です。これらに携わる方は、ぜひinfection controlを勉強してください。

  • 医療福祉環境アドバイザー(医療福祉検定)