合格者の声

  1. HOME
  2. 合格者の声

医療環境管理士に認定された方(一部)をご紹介です

医療機関
福祉施設
製薬会社
医療関連サービス
教育機関
その他

九州保健福祉大学(宮崎県)
学生 川畑 真澄 さん

医療従事者として職種を超えて
患者様の生活の質向上に努める

− 受験のきっかけ

感染症とその対策に興味があり、自己教養を高めることができると思ったからです。又、施設内(院内)の感染対策・防止はチーム医療の一環であると考えた為です。

− 仕事・活動内容

眼科系の医療に従事する為の勉学に励んでいます。
保健、福祉、教育、医療に亘り学習・実習を行っています。

− 資格・知識をどのように役立てますか

医療従事者として職種を越えて患者様の生活の質向上に努めるべく、患者様のみならず、それらを取り巻く環境へも目を向けていきたいです。

− 受験する方へアドバイス

同じ単語を関連付けて学習しました。自分がいざその場にいると仮定して「考え」、「覚える」ようにしました。意味を理解するまで繰り返し音読しました。(結果、何度も学習する必要がなくなりました。)

独立行政法人 国立病院機構 富山病院附属看護学校(富山県)
看護学科専任教員・看護師 水島 由美 さん

学生にどのように伝えるか(どのように学ぶと理解できるか)を考えるきっかけ

− 受験のきっかけ

臨床から学校へと勤務が変わり、臨床での感染管理と机上で教授する内容に乖離があるのではという疑問を感じ、最近の知識を得たいと思ったからです。

− 仕事・活動内容

看護学校で専任教員をしており、医療安全に関する授業を担当しています。この知識を活かし、感染管理の大切さをすでに学んでいる微生物学などの知識とリンクさせて教えていくことができると思っています。

− 資格・知識をどのように役立てますか

ウイルス学、細菌学の学習や法律に関することなど感染に関する知識を広げることで気持ちに余裕が出来ました。学生にどのように伝えるか(どのように学ぶと理解できるか)を考えるきっかけが出来ました。

− 受験する方へアドバイス

日頃から感染症情報センターなどの情報に関心を持ち、感染症に対する興味を持って、取組んでいると良いと思います。特にウイルスや細菌の名前に対して、アレルギーをお持ちの方は・・・。

さいたま市立岸町保育園(埼玉県)
看護師 野田 亮子 さん

ウイルスなどの特性を知ることで、
行う対策が変わってくるということを
自身を持って職員に伝えることができた

− 受験のきっかけ

感染症に対する知識(感染対策など)を深めたいと思いインターネットで情報を調べていたら、たまたまこの資格のことを知りました。(はじめは医療福祉環境アドバイザー2,1級からはじめました。)

− 仕事・活動内容

・保育園における主に0歳児の保育
・受傷時の応急処置
・園全体の健康管理
・園児への保健指導、保護者への情報提供 などです。

− 資格・知識をどのように役立てますか

ウイルスなどの特性を知ることで、行う対策が変わってくるということを自信を持って職員に伝えることができました。今後は、リスクの高い保育園という場でいかに感染予防していくかということをすすめていきたいと思います。

− 受験する方へアドバイス

1.まずは一通り目を通す
2.模擬試験を解いてみる
3.間違えた所、正解だけどちょっと迷った所を再度読み返しマーカーをひく
4.A⇔Bを何回もくり返すこれで2カ月で合格しました。

茶々いまい保育園(神奈川県)
看護師 橋本 菜美さん

より正しい知識を持って予防対策に取組めた

− 受験のきっかけ

病院という大きな組織の中にいる時は、黙っていても感染管理、衛生管理についての情報が入ってきて、それに従っていれば良かったのですが、園では私が唯一の医療者です。その情報を流すことや、指導するのが私であるため、より専門的な知識の習得(再勉強)が必要だと思ったからです。また、病院へ戻った際も無駄とはならない資格と思ったためです。

− 仕事・活動内容

養護(保育も兼ねています)と主に園での保健衛生に関することを任されています。新設園のため現在もマニュアル作成など日々の業務の中で行っています。

− 資格・知識をどのように役立てますか

園ではちょうど「新型インフルエンザ」が流行したこともあって、より正しい知識を持って予防対策に取組めたことで無駄もなく喜ばれました。また、園に送られてくる役所などからの文章等に法的な事が記載されていることがあり(感染対策に関する事)、すぐに内容が理解でき、テキストのおかげだと思いました。

− 受験する方へアドバイス

ナースの方などは、自分自身の再勉強になり、「人まかせ」でなくなると思います。そういった意味で、感染はとても面倒な内容ですが、余裕のあるときに取得しておけばよいと思います。あまり数はいないのかも知れませんが、保育園などのナースには必要な知識だと思います。

  • 医療福祉環境アドバイザー(医療福祉検定)